taiya

 

車輪と言うものは、もともとものを素早く移動させたいと言う人間の欲望から開発されました。

最初の頃は板の下に丸太を敷き、それを少しずつ転がして移動させていくくらいのものでしたが、これが現在においてはゴムの車輪と言う形で発展して使われるようになりました。
車におけるパーツのひとつであるタイヤもそうです。

いくら良いエンジンを積んでいても、いくら良い居住空間があっても、タイヤが無ければいっこうに車は動きません。

そのタイヤは御存知の通りゴムで出来ており、そのやわらかさが地面から伝わってくる車体への衝撃をサスペンションと一緒にやわらげてくれるものになっていますし、車を動かすために地面と摩擦をさせるものともなっています。

このようにしてタイヤと言うものは、馬車などの時代では機の車輪だったものがゴムを素材とすることによって人間への負担を軽減してくれるものになりました。

そんなタイヤは現在、色々なメーカーが日本国内、そして主に東南アジアを中心として海外に拠点と名前を連ねるようになりました。

日本国産のタイヤのユーザーがほとんどですが、東南アジアのタイヤは価格が日本のより安く、自動車ユーザーからはそちらのほうを選ぶと言う人も出てきています。

 

 
リクルートカード 評判